九州新幹線長崎ルートに導入されるフリーゲージトレイン(FGT)の開発遅れの問題を受け、FGTでの2022年度開業の順守を求める「九州新幹線西九州ルート整備促進議員連盟」が18日、佐賀県議会に発足した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加