県内で学校給食への異物混入が相次いでいることを受け、県教委は18日、佐賀市内で給食施設の衛生管理責任者向けの緊急研修会を開いた。各学校の栄養教諭ら約110人が防止策を考えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加