地域に残るありのままの風景を楽しみながら歩く「フットパス」の体験会が2月28日、吉野ケ里町松隈・坂本地区で開かれた。県内外から約30人が参加し、里山の美しさや地域の歴史に触れた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加