反転授業や官民一体型学校など佐賀県武雄市が進める教育改革を統括する代田昭久・市教育監(50)が18日、記者会見し、来年3月末で退職し、4月から出身地の長野県飯田市の教育長に就任することを明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加