各町の曳山が勢ぞろいする米屋町通りに到着した14番曳山「七宝丸」(左奥)=4日午後、唐津市

 唐津神社の秋季例大祭「唐津くんち」(国重要無形民俗文化財)は4日、14台の曳山(やま)が町中を巡行する「町廻(まわ)り」で3日間の幕を閉じた。最終日の人出は5万人(唐津市発表)。3日間晴天が続き、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産への登録内定も追い風に、昨年比5万人増の累計55万人が訪れた。

 14台の曳山は午前10時に唐津神社を出発して町を練り歩き、昼すぎにJR唐津駅前に勢ぞろいした。午後の巡行を終えて夕方、曳山展示場が近づくと、曳き子たちは名残を惜しむように「エンヤ、エンヤ」と一層声を張り上げた。曳山が1台ずつ収められ、感極まって泣き出す姿も見られた。

 車軸の故障のため前日の「曳き込み」に参加できなかった14番曳山「七宝丸」が最後に到着すると、大勢の見物客を巻き込んで周辺は「ヨイサ、ヨイサ」の大合唱に包まれた。いったん収められた後も、アンコールの声に応えて、総塗り替えされたばかりの勇姿を再び披露していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加