携帯電話を鳴らすと必ず出てくれた。取り込み中の時でも、後で「ごめんね。何やった?」と必ず折り返しの電話があった。 1年半ほど前、佐賀県庁の記者室に詰めるようになってからのお付き合い。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加