前年並み収量確保へ 水田で栽培された「和菱(わびし)」の収穫が17日、佐賀県神埼市千代田町などで始まった。8月に発足した神埼和菱組合と地元の西九州大学の学生ら約30人が実を丁寧に拾い上げた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加