▽医療福祉組合

 定例会は4日、病院事業と特別養護老人ホーム事業の補正予算案と、両事業の2015年度決算認定など6議案を可決した。決算は病院事業では事業収入36億6057万円に対し、事業費用は38億3899万円。減価償却費3億8029万円を費用化したため、1億7842万円の純損失を計上した。老人ホーム事業では歳出総額は3億7234万円で、差引額の681万円は16年度に繰り越した。

▽消防組合

 定例会を4日開き、2015年度一般会計決算認定や、5751万円の本年度一般会計補正予算案など3議案を可決した。15年度決算は歳入総額11億4606万円(14年度比4・4%減)に対し、歳出総額10億8904万円(同7・3%減)。差引額の5701万円は伊万里市と有田町への返還金として本年度補正予算に計上した。

このエントリーをはてなブックマークに追加