大鉢や酒器、ランプシェードなど多彩な陶器が並ぶ作品展=武雄市のみなと荘

 武雄市武雄町永島の宿泊施設「みなと荘」で作陶活動をしている人たちの作品展が同施設で開かれている。大皿やランプシェード、小物など約200点が並ぶ。6日まで。

 8年前、施設にある窯を使った陶芸教室が始まり、今は先生なしでそれぞれが作品を作っている。宿泊客が希望すれば、作陶教室も開いている。

 昨年に続く作品展には7人が出品。味わい深い灰釉(ゆう)を施した大皿やつぼ、ヒラメを描いた額皿、酒器などのほか大小多彩なランプシェード、表情豊かなお地蔵さんなどの小物も。訪れた人たちも多彩な作品の数々に見入っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加