ふるさと納税を生かしたまちづくりについて語り合う「ふるさとシンポジウム」が11日午後2時から、上峰町民センターで開かれる。参加者を募集している。

 ふるさと納税を仲介するウェブサイト「ふるさとチョイス」の運営会社「トラストバンク」(本社・東京都)の須永珠代社長が「ふるさと納税と地方創生」と題して基調講演する。昨年度9月から返礼品を充実させて全国9位、県内1位の寄付額を得た上峰町や、2014年度寄付額全国1位の平戸市など先進自治体の事例紹介もある。

 パネルディスカッションでは、須永氏、武広勇平上峰町長、末安伸之みやき町長らが登壇し、ふるさと納税をまちづくりにどう生かすかについて意見を交わす。

 定員700人。無料だが参加申し込みが必要。問い合わせは上峰町まち・ひと・しごと創生室、電話0952(52)2182、申し込みはファクス0952(52)4935、メールevent@town.kamimine.lg.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加