熱気球世界選手権のサテライトイベント「佐賀城下秋の骨董(こっとう)市」が4日、佐賀市松原の松原神社境内で始まった。来場者は和と洋の幅広い骨董品を手に取り、品定めをしていた。6日まで。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加