最優秀賞に輝いた前田恭之介さん(左)と加賀良涼太さん=伊万里公民館

 伊万里市子ども話し方大会(市子ども会連合会主催、佐賀新聞社など後援)が3日、伊万里公民館で開かれた。家庭や学校生活で体験したことなどをテーマに、伝え方を工夫して話し、最優秀賞に前田恭之介(やすのすけ)さん(山代東小6年)と加賀良涼太さん(滝野中3年)が選ばれた。

 市内の各子どもクラブを代表する小学6年生16人と中学3年生14人が出場。話の内容や表現力、発表態度、感銘度などを基準に7人が審査した。

 前田さんは4年生から続ける剣道を通じて成長できたことをスピーチ。加賀良さんは、父と自分の関係を客観的に見つめ、父の大きさを感情を込めて語った。前田さんは「昼休みに職員室で練習したかいがあった」、加賀良さんは「指導してくれた先生と、いつも応援してくれる父に感謝したい」と受賞を喜んだ。

 大会は連合会の発足1年後に始まり、今年で50回目。前田正義会長は「学校の指導のおかげで毎年レベルが上がっている。今後は県全体にこの活動を広げていきたい」と話した。

 その他の受賞者は次の通り。(敬称略)

 【小学生の部】優秀賞 口石ひかる(東山代)▽優良賞 田中智美(大坪)畑山千寿(波多津東)井上京香(南波多)

 【中学生の部】優秀賞 田中愛理(伊万里)▽優良賞 原田愛夏(伊万里)平野めぐみ(啓成)塚本マーク達美(青嶺)

このエントリーをはてなブックマークに追加