全国自治体で初めての取り組みとして、佐賀市がごみ焼却場で排出する二酸化炭素(CO2)を民間企業に販売する計画が、当初予定した来年4月より3カ月ほど遅れる見通しとなっている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加