文豪夏目漱石は晩年、若き日の芥川龍之介に手紙を送っている。短編小説『鼻』を絶賛したものだ。「敬服しました。ああいうものをこれから二、三十並べてご覧なさい。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加