母親のための防犯・交通安全教室が18日、吉野ケ里町の三田川児童館(高島正子館長)で開かれた。親子15組約30人が、暴漢から難を逃れる護身術を神埼署員に学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加