地域の消防団活動に役立てようと県消防協会(原田守会長)は14日、小城市に広報専用車両1台を贈った。江里口秀次市長は「地域防災の要として活用したい」と同市の消防団活動の活性化を誓った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加