【ニューヨーク共同】欠陥エアバッグの大量リコール(無料の回収・修理)問題を起こしたタカタは20日、ことし9月までに、修理用の交換部品の製造を月100万セットとし、現在の約2倍に拡大すると明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加