九州新幹線長崎ルートに導入されるフリーゲージトレイン(FGT)の量産化が間に合わない問題で、JR九州の青柳俊彦社長は22日の定例会見で、FGTによる2022年度の開業を前提に、途中の開発工程の見直し…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加