九州電力が玄海原発1号機の廃炉計画を認可申請したことに関し、佐賀県内の関係自治体からは、工事期間が30年近くの長期に及ぶことを踏まえ、安全対策の徹底や住民への説明を求める声が上がった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加