9人が死亡した川崎市の簡易宿泊所火災を受け、佐賀広域消防局は21日、簡易宿泊所の特別立ち入り検査を始めた。5月中に管内4市1町の全29施設を査察する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加