生活保護受給者がギャンブルで浪費しないようにするため、自治体の職員らによるパチンコ店やボートレース場などの見回りが、九州・沖縄各県の約15%にあたる計39市町村で実施されていることが6日、共同通信の…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加