海洋再生可能エネルギーの発電実証実験場となっている唐津市加部島沖で、三井海洋開発(本社・東京)が昨年10月下旬から設置作業を進めていた潮流と風力の複合発電装置が、海底に沈んでいたことが分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加