子どもたちが育て、収穫したばかりのもち米などを販売する「にのせ田んぼの学校収穫祭」が5日、有田町の二ノ瀬公民館前で始まった。住民らが、子どもたちの売り声に誘われるように買い物していた。6日まで。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加