100号の大作も並んだ伊万里美術協会展=伊万里市民センター

 伊万里美術協会展が、伊万里市民センター文化ギャラリーで開かれている。100号の大作など会員15人の作品45点を展示している。6日まで。=写真

 同会は春と秋の年2回、作品展を開き、今回が通算60回目。春は10号以下、秋は10号以上の大作を中心に展示している。県内外の風景画や人物画、静物画など、会員の個性を競い合っている。田中博会長(81)は「伊万里でも大作を手掛けている絵描きがいるということをアピールしたい。絵の前に足を止めて、じっくり鑑賞してもらえたら」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加