第41回日本ハンドボールリーグ第8週第2日は5日、神埼市の神埼中央公園体育館などであり、トヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)はトヨタ車体(愛知県)に24-32で敗れた。通算成績は1勝8敗。暫定順位は8位のまま。

 トヨタ紡織九州は序盤、GK岩下祐太のセーブで流れをつかむとRB松浦慶介のシュートで先制。その後も松浦が6得点を挙げる活躍を見せて、前半を14-13とリードして折り返した。しかし、後半は立ち上がりからパス、シュートのミスが続いて逆転を許すと、ゴール前の激しいコンタクトプレーで押し込まれ、徐々に点差を広げられた。

 トヨタ紡織九州は第9週第2日の13日午後2時から、沖縄県の浦添市民体育館で琉球コラソン(沖縄県)と対戦する。

=成績=

トヨタ車体(7勝2敗)    32(13―14、19―10)24 トヨタ紡織九州(1勝8敗)

湧永製薬 (5勝2分け2敗) 33(14―12、19― 9)21 大崎電気   (6勝1分け2敗)

※佐賀新聞電子ビューアに複数写真(http://www1.saga-s.co.jp/viewer/plan.html)

このエントリーをはてなブックマークに追加