鳥栖は川崎との点の取り合いを制することができなかった。 前半立ち上がり、鳥栖は前から積極的にプレスをかけて主導権を握った。しかし19分、自陣右サイドを崩され先制点を献上。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加