■市議選初の無投票 人口2万人割り込む 4月の多久市議会議員選挙(定数16)が1954年の市制施行後、初の無投票となった。元職や新人が立候補を模索したが、告示日には定数と同じ16人しか届け出がなかっ…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加