不登校の生徒を受け入れている高等専修学校、佐賀星生(ほっしょう)学園(佐賀市多布施)の生徒10人が22日、佐賀市川副町の高齢者福祉施設でハンドベル演奏やダンスを披露した。慰問活動は開校5年目で初めて。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加