佐賀熱気球世界選手権は6日、競技最終日を迎え、世界王座を目指して最後の戦いを繰り広げる。気流が安定して絶好の競技日和となり、一日の競技数として最多の6タスクを実施した4日、バルーンに搭乗した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加