いじめを苦にした子どもたちの自殺が、今年も相次いで明らかになった。情報共有の欠如や公表の在り方などさまざまな課題が浮上。再発防止に向けた学校や教育委員会の模索が続いている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加