福岡管区気象台は25日、九州北部と山口県の3カ月予報(来年1~3月)を発表した。北からの寒気の影響が小さく、気温は高めで、降水量は低気圧や前線の影響で平年並みか多い見込み。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加