初詣で70万人の参拝客を見込む鹿島市の祐徳稲荷神社で22日、テロの発生を想定した訓練が行われた。佐賀県警や消防、神社関係者ら約90人が参加し、爆発物の処理や人命救助の連携を確かめた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加