きんと冷えた空気の冬山の森を分け入ると、枯れ葉の中から青々とした葉をのぞかせるカンアオイ。真冬の寒さでも葉色が変わらないことに由来して、寒葵と名付けられたと言います。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加