大みそかの夜、各地の寺で除夜の鐘が鳴り響く。鳥栖市元町の浄土真宗本願寺派「妙善寺」では、31日午後11時ごろから本堂に人が集まり始め、先着順に木製の番号札が配られる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加