「緑の少年団育成功労賞」を受賞し、塚部芳和市長に報告する松永孝三さん(右)=伊万里市役所

 伊万里市山代町の「山代緑の少年団」団長の松永孝三さん(61)が、公益社団法人国土緑化推進機構の「緑の少年団育成功労賞」を受賞した。伊万里市役所を訪れ、受賞した喜びを塚部芳和市長に報告した。

 2002年に嬉野市で全国育樹祭が開かれた直前、市内唯一の緑の少年団がなくなり、関係者から「地元で少年団をつくってもらえないか」と頼まれたのが活動のきっかけ。それから子どもたちに緑化の大切さを訴え、一緒に植栽や募金などの活動に汗を流してきた。06年からは県緑の少年団連絡協議会の団長も務めている。

 山代緑の少年団の団員は現在9人で、団員の確保が当面の課題。松永さんは受賞を「たいへん光栄なこと」と喜び、「子どもたちが緑化活動を通じて、ふるさとに誇りと愛情を持ってくれるよう、今後も活動を継続したい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加