■細る支援活動、あり方模索 東日本大震災から5年が経過し、「記憶の風化」も進む。佐賀県内でも民間団体による地道な支援活動や被災自治体への行政職員派遣などが続いているが、一般の関心は徐々に低下。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加