鳥栖は前半、MF岡本を中心に前線から激しくプレスをかけ、相手に思うようなプレーをさせなかった。攻撃陣もFW水沼がミドルシュートを狙うなど積極性を見せた。しかし、26分に相手MF宇佐美に先制点を献上。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加