タスク一つだけを考えれば、世界の強豪とも戦えている一方で、全体を通してみると、小さな取りこぼしがあった。上位にいるのは、常に一定の点を積み重ねている選手たち。3、4日目の失敗が終盤に大きな差となった。

 今回、クルーとして参加してくれたのは佐賀のパイロットたち。このチームで初めて挑む世界戦で、一定の結果が出せた。目標にしていた大会が終わり、今は次のことは考えられない。週末にのんびり飛びながら、徐々に先のことを決めていきたい。

 バルーンは、佐賀ではお祭りとして認知されており、スポーツとして取り上げられることはまだ少ない。今大会では、嘉瀬川河川敷にターゲットが設定されることも多く、競技面を知ってもらえるきっかけになったのではないか。これからも佐賀のバルーン大会が続いていく中で、スポーツとして認知してもらえるよう大会運営に期待したい。

 ホンダグランプリを含めて10日間、どっぷりとバルーンに漬かった濃い時間を過ごせた。おなかいっぱい飛べて楽しかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加