佐賀県が所管する介護事業所のうち、介護職員の賃金増を目的に新設された介護報酬の「処遇改善加算」を利用している事業所が48%で、半数に満たないことが県の調べ(5月時点)で分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加