県高校ウエイトリフティング新人大会は6日、有田工高で行われ、男子53キロ級は辻将輝(有田工)がトータル165キロ(スナッチ75、ジャーク90)で頂点に立った。62キロ級は太田智也(同)がトータル176キロ(76、100)で優勝。85キロ級は田代源(同)がトータル204キロ(92、112)をマークした。

 【男子】53キロ級(1)辻将輝165キロ(スナッチ75、ジャーク90)(2)村上蓮143キロ(58、85)(3)横山大晴115キロ(55、60)▽56キロ級(1)浦郷巨人125キロ(55、70)(2)前田優斗125キロ(55、70)▽62キロ級(1)太田智也176キロ(76、100)(2)中尾優輝163キロ(75、88)▽77キロ級(1)梅崎蓮160キロ(70、90)▽85キロ級(1)田代源204キロ(92、112)▽105キロ級(1)大川内準平145キロ(65、80)

 (所属は全て有田工)

このエントリーをはてなブックマークに追加