全国の小中学校で、組み体操による児童生徒の都道府県別負傷率(1万人当たりのけが人)は、兵庫、福岡、大阪など西日本で高いことが27日までに、大阪経済大の西山豊教授(数学)の調査で分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加