■大きくなって戻って来いよ 漁獲量が激減している筑後川水系のニホンウナギを守ろうと、佐賀、福岡両県の漁業者でつくる下筑後川漁協(原口勝良組合長、166人)が25日、稚魚を放流した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加