衆院政治倫理・公選法改正特別委員会は26日の理事懇談会で、選挙権年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる公選法改正案について28日に実質審議入りし、6月2日に採決する日程を決めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加