鹿島市古枝の祐徳稲荷神社(鍋島朝倫宮司)で28日、年末恒例の「すす払い」が行われた。寒空の下、巫女(みこ)10人が約5メートルの青ザサを手に、楼門と神楽殿にたまった1年の汚れを払い落とした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加