オリーブ栽培で里山再生を目指す民間団体「吉野ケ里オリーブ会」(原重利会長)が今月発足した。吉野ケ里町民ら30人が会員となり、町内にある三つの「オリーブの森」2・4ヘクタールを管理する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加