■「保護者引き渡し」対応に不安 混雑恐れ、訓練も及び腰 福島第1原発事故を教訓に、玄海原発(東松浦郡玄海町)の半径30キロ圏内では、すべて小中高校で「原子力災害対応マニュアル」を作成している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加