鳥栖は圧倒的にボールを支配しながらも守備を固めた甲府を崩し切れず、引き分けた。 鳥栖は立ち上がりから主導権を握った。コンパクトな陣形を保ち、ラインを高く保ってサイドから攻めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加