有田町大樽の陶山神社に、磁器の灯ろう3対がお目見えした。同町で陶磁器商社を営む野田公敏さん(68)が来年の有田焼創業400年に合わせ、陶柱1対と、磁器をはめ込んだついたてとともに奉納した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加