ビーフカレーを提供する調理師科の学生=佐賀市の西九州大学佐賀調理製菓専門学校

 西九州大学佐賀調理製菓専門学校の学園祭「第17回松風祭」が5日、佐賀市多布施の同校であった。調理師やパティシエを志す学生たちが手作りした料理や菓子を求めて、多くの来場者でにぎわった。

 調理師科とパティシエ科の約60人が出店したバザーでは、ロールケーキやシュークリーム、スモークチキンなど19種類のメニューを販売した。午前10時の開会を待ちわびていた常連客らが、次々と目当ての商品を買い回っていた。

 本格的な味わいで人気のカレーランチや、料理体験教室も盛況だった。母親の美智子さんと訪れた永渕千喜(かずひさ)君(9)は、親子でホットドッグ作りに挑戦。「なかなか上手には作れないけど、面白かった」と笑顔を見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加