不思議の国のアリスの登場人物にふんしてお茶会を楽しむ佐賀大の学生ら=幸楽窯

各店がオリジナルの酒器を並べる「うーたん通り秋の窯まつり」=有田町の祥爾工房

絵付けした器が並ぶ工房で開かれたコンサート=しん窯

◆有田まちなかフェス多彩に

 幸楽窯(丸尾)は「不思議の国のアリス『ティーパーティー』」を開いた。アリスやトランプの兵士などにふんした佐賀大の学生や教官らが、木々の下で世界各地のお茶を楽しんだ。「ハートの女王」の衣装を着た佐賀大芸術地域デザイン学部のステファニー・アン・ホートン准教授は「多くの留学生が参加し、おとぎ話のような雰囲気の中で、異なる文化に触れることができた」と話した。また、アリスの絵柄などを使った転写体験もあった。

◆通りに酒器ずらり

 

 窯元が立ち並ぶうーたん通り(中樽)では「秋の窯まつり」が開かれた。有田焼創業400年を記念して、各店舗でオリジナルのぐい飲みやさかずきを並べる祝盃展を開いた。5日夕には、ビールやワイン、料理が楽しめる「角打ち広場」も開かれた。

有田町

 有田町内全域で町民手作りのイベントを繰り広げる「有田まちなかフェスティバル」開催中の3日、町内の窯元は仮装お茶会や音楽会などでにぎわった。

このエントリーをはてなブックマークに追加